エンジニアがキャリアアップできる環境を提供するために。

  • BeSTATION
BeSTATION

konmasu_202102_BeSTATION_01.png

『エンジニアにキャリアアップの機会を提供するためには、営業部門と教育部門が一体となり目標を共有することが重要と考えています。』そう語るのは、ビーネックスソリューションズシステム開発部部長の今野と技術統括部教育グループグループマネージャーの増井です。今回は、『エンジニアが価値を高める場』を提供するための取り組みについて聞いてみました。

この記事に登場する人

konmasu_202102_BeSTATION_02.png

今野 正敏
Masatoshi Konno

ビーネックスソリューションズ
ITエンジニアリング事業部
システム開発部部長
konmasu_202102_BeSTATION_03.png

増井 修
Shu Masui

ビーネックスソリューションズ
ITエンジニアリング事業部技術統括部
教育グループグループマネージャー

お客様の要求を満たすことが、自身の価値を高めることにつながる

今回の取り組みの背景について教えて下さい。

今野
DXやIoT等、IT技術のニーズは拡大していますが、お客様の要求を満たすことのできるITエンジニアは世の中に少数です。開発現場で活躍したいと考えている当社の若いエンジニアには、お客様の要求を満たすことができる技術力を身に付けることで、自身の価値を高めてほしいと考えています。今回は、そういったエンジニアの価値を高める機会を提供するための取り組みを行いました。

どのような課題がありましたか。

今野
開発現場では、高い技術力が求められているため、経験の浅いエンジニアが活躍できる機会はそう多くありません。そのような中で、エンジニアがどのような技術を身に付ければ、自身の価値を高め活躍できるのかを、営業部門と教育部門が議論して目標を定めるところからはじめました。
konmasu_202102_BeSTATION_04.png

課題を解決するための目標を共有

まず、教育部門では、どのように取り組みましたか。

増井
受け身の姿勢では技術も身に付きませんし、活躍もできません。エンジニア自身の「開発現場で活躍したい」という強い想いを確認し、開発現場でニーズの高い技術(Linuxとデータベース)のeラーニングを受講してもらいました。エンジニアが積極的に手を動かして学び、知識と経験の両方を充実させる内容となっています。「現場で通用する技術」として、私の現場経験で得た失敗などもヒントにしてeラーニングで学んでもらいました。

取り組みを行ってみてどうでしたか。

増井
受講の進捗確認では、エンジニアの積極的な姿勢も見えましたし、eラーニング受講者の満足度平均も4.1点(5点満点)と好評です。さらに、受講者からは「役に立っている」という声も聞こえていますので、取り組みは間違っていなかったと思います。

営業としてどのような活動を行いましたか。

今野
エンジニアの意見も考慮し、身に付けた技術を活かせ、先輩から学べる環境に配属しました。

その結果、いかがでしたか。

今野
19名のエンジニアがこれまで以上に高い技術力を求められる仕事に対応できるようになりました。エンジニア自身の想いから技術を学び、我々が学びの環境を提供できたことが今回のキャリアアップに繋がったのだと思います。一番の成果は、エンジニアがお客様の期待に応えられるように高いモチベーションで頑張っていることです。

konmasu_202102_BeSTATION_05.png

エンジニアに「更に成長したい」と感じてもらえる環境づくりを目指す。

今回の取り組みを通して、今後の展望について教えて下さい。

増井
求められる技術によって変化するエンジニアの価値を見極めて、教育コンテンツを常にブラッシュアップしていく必要があります。キャリアアップをしたいと考えているエンジニアが、いつでもその環境を活用できるよう、最新のニーズを把握するために、営業との連携を深めていきたいと考えています。

今野
当社では、開発エンジニアを増やしていく構想を持っています。その上で、営業部門と教育部門が協力し、「更に成長したい」と感じてもらえる環境創りを目指しています。今回の取り組みを足掛かりに、「自らが高い技術を求め、成長できる環境」を創れると考えています。

株式会社ビーネックスソリューションズ https://www.benext.co.jp/bns/
株式会社ビーネックスソリューションズ 採用ページ https://www.benext.co.jp/bns/recruit/

RELATION ARTICLE

Be STATION