信頼し合える仲間とともに、求職者に支持されるNo.1を目指したい。

  • BeSTATION
BeSTATION
katsumotokominato_BeSTATION_202011_01.png

「求職者(エンジニア)を信じる、仲間を信じることこそが、当社が目指す"エンジニアに支持されるNo.1"に繋がるのではないか」そう語るのは、ビーネックステクノロジーズ関西営業部・部長の小湊と同部コーディネートグループ・グループマネージャーの勝本です。
今回は、人材採用という視点から、目指したい会社の姿やそのための取り組みについて2人に話を聞きました。

この記事に登場する人

katsumotokominato_BeSTATION_202011_03.png

小湊 義寿
Yoshihisa Kominato

ビーネックステクノロジーズ
関西営業部
部長
katsumotokominato_BeSTATION_202011_02.png

勝本 一
Hajime Katsumoto

ビーネックステクノロジーズ
関西営業部
コーディネートグループ
グループマネージャー

仲間を信頼することで、新たな風が吹き始めた。

これまでの経歴を教えてください。

小湊
半導体製造装置のフィールドエンジニアとして当社に入社しました。その後、エンジニアの労務管理を行う技術管理や採用担当を経て現在に至ります。

勝本
前職は金融系の営業担当でしたが倒産してしまい、人と接する仕事がしたいという思いから、縁あって当社の採用担当となりました。

採用活動をする中で、苦労したことはありますか?

勝本
特にプレーヤーからチームを持つマネージャーになった際は苦労しました。
目の前の数字ばかりが気になり自分自身の力で完遂することを優先してしまい、メンバーに任せるということができませんでした。当時の私は、メンバーを信じていなかったのだと思います。

何かそのことに気が付くきっかけはありましたか?

勝本
小湊さんと食事に行った時ですね。

小湊
覚えています。勝本さんには、将来的に求職者やエンジニアの視点に立てる採用責任者として、組織を牽引してほしいという思いがありました。だからこそ、自分が率先して活動するのではなく、「大きな視野を持ってチーム全体を見てほしい」と伝えました。

勝本
心に刺さる言葉でしたので、素直に受け止める事ができました。その時に、入社1年目のある出来事を思い出したんです。

具体的に教えていただけますか?

勝本
実は入社して半年間、全く成果が出せず試行錯誤の連続でした。しかし半年後の会議で、上司から「よく分析し対策ができている」とはじめて認めてもらえたんです。
その後は、自分の活動に自信が持てるようになり「もっと求職者(エンジニア)のことが知りたい、想いに応えたい」と考えるようになりました。改めて求人票も1枚ずつ見直し、その仕事内容について直接当社のエンジニアに意見を聞き、求職者(エンジニア)が魅力的に思ってもらえるような内容にブラッシュアップしました。面接も事前準備を念入りに行い、より深く求職者(エンジニア)と向き合い続けました。その結果、新しい拠点の採用責任者を任され、ついにはそこで全国でトップの成績を収めることも出来ました。
「大きな視野を持て」という小湊さんの言葉を聞いたとき、「認めてもらう、信頼されることで人は成長できる」と自分自身が経験していたのにも関わらず、チームのメンバーに対してはそれができていなかったんだと反省しました。

katsumotokominato_BeSTATION_202011_04.png
小湊さんは今の関西コーディネートグループ※をどう感じていますか?

小湊
勝本さんが仲間を信頼しこれまで培ってきたノウハウを伝えることで、それが1人だけの力ではなく「チームの力」となり、特にこの1年で大きく成長したのではないかと感じています。
※コーディネートグループ:求職者(エンジニア)とお客様企業双方の要望(職種・仕事内容・スキルなど)をマッチングさせるグループ

求職者の「1%の可能性」を見つけ出し、チャンスに変えていく。

求職者(エンジニア)の可能性を見いだすために、どのような取り組みをしていますか?

勝本
スキルシート※の作成に最もこだわり、力を入れているといっても過言ではありません。お客様が求めるスキルや経験、ポテンシャルはさまざまです。求職者(エンジニア)の可能性を見いだし、広げることができるかどうかは、面接時に行う採用担当のヒアリングにかかっていると思っています。経験したツールをたった1つスキルシートに追記したことで、派遣先が決まるということも多々あります。面接は、求職者(エンジニア)がもつ1%のチャンスも聞き逃してはいけない、重要な工程なのです。
※スキルシート:求職者(エンジニア)の職務経験や保有しているスキルや資格を記載した書類。

採用職のやりがい(価値)を教えてください。

勝本
私たちは、求職者(エンジニア)の可能性を信じて、一人ひとりの理想を実現してもらうために就業機会を提供し続けています。人生を左右する大きな役割を担っていることに、やりがいを感じていますね。

特に印象に残っている社員はいますか?

小湊
未経験で当社に入社後、スキルを習得し実績を積み重ねた結果、数年後にリーダーに抜擢されたことが印象に残っています。新卒時の就職活動では入社できなかった大手メーカーに当社を通じて3年の派遣就業後、そのメーカーの正社員として移籍を果たしたエンジニアもいました。求職者(エンジニア)が自分を高め、目指す姿を叶えることができたときは本当に嬉しいですね。

katsumotokominato_BeSTATION_202011_05.png

求職者(エンジニア)のために。その想いは必ず伝わる。

これから会社が成長していくために必要なことは何ですか?

小湊
私たちが求職者(エンジニア)や仲間を信じることで、会社としても大きく成長できるのではないかと思っています。そのために私たちは、もっと「知ること」に注力すべきだと感じています。求職者(エンジニア)を知る、仲間を知るその積み重ねが、信頼という形になり会社の成長にも繋がっていくのではないでしょうか。

勝本
そうですね。お互いの意見を正直に伝え合える状態を実現するためには、信頼の積み重ねが必要不可欠です。現状の課題など厳しいことを伝えなければいけない時もありますが、信頼関係があれば素直に受け止めることができるはずです。

今後の目標を教えてください。

小湊
エンジニア・採用職・営業職とさまざまな仕事を経験してきましたが、私は当社で働くことに誇りを持っています。求職者(エンジニア)が当社で働くことに誇りが持てるように、これからも当社の良さを発信し続けていきます。

勝本
もともとはプレーヤーとして活動していましたが、今はマネージャー職にとてもやりがいを感じています。「求職者(エンジニア)の力になりたい」その想いを軸に、チームとして"求職者(エンジニア)に支持されるNo.1"を目指したいですね。

katsumotokominato_BeSTATION_202011_06.png

株式会社ビーネックステクノロジーズ https://www.benext.co.jp/bnt/
株式会社ビーネックステクノロジーズ 採用ページ https://www.benext.co.jp/bnt/recruit/

RELATION ARTICLE

Be STATION