「次」に挑むお客様のベストパートナーでありたい。

  • BeSTATION
BeSTATION
satos_BeSTATION_01-2.png

「お客様を深く知り、質の高い商談を重ねていくことこそが信頼につながる」。そう語るのは、ビーネックステクノロジーズ 執行役員【東日本営業管掌】の佐藤です。
今回は、人材ビジネスに対する想いや営業部の取り組みについて話を聞きました。

この記事に登場する人

satos_BeSTATION_02.png

佐藤 聖也Seiya Sato

ビーネックステクノロジーズ

執行役員
【東日本営業管掌】

すべては「人」からはじまる。

私たちが行う人材ビジネスについて、佐藤さんの想いをお聞かせ下さい。

佐藤
人々の生活を豊かにするために「新しいものやコトを創り出す」のは、「人」です。
人を通じてお客様の課題を解決するという、非常に価値あるサービスを当社は担っていると思っています。
世の中の変化はとても早く、常にお客様の課題(ニーズ)は変化します。営業として質の高いサービスを提供するためには、どんな環境下においてもお客様の状態や課題に対して真摯に耳を傾けることが大切です。そのうえで私たち営業担当は、提供したい価値や大事にしていることなどをお客様へしっかりとお伝えする必要があります。

提供したい価値を伝えるために、取り組んでいることはありますか?

佐藤
「お客様のことを知る」ことが最も重要な取り組みであると考えています。知るためには、事前準備をしなければなりません。お客様の市場特性や動向・背景から課題を抽出し仮説を立てます。あらゆる視点で整理・分析をしておくことで、商談の質を上げることができるようになるはずです。
お客様との限られた商談時間の中で、本質的な課題に対する解決策をご提案できるかが大きなポイントだと思います。
今後は日々の営業活動において、「気づき」や「磨くべきポイント」を把握するためにお客様からの評価を可視化し、変化点をウォッチしていきます。さらに年に一度、お取引させていただいているすべてのお客様を対象とした満足度調査も行う予定です。

satos_BeSTATION_03-2.png

お客様の想いに深く向き合う。

事前準備については、どの仕事においても大切ですよね。そのようなお考えになったきっかけは何ですか?

佐藤
私の経歴を少しお話させていただきます。私は自衛隊に入隊し、任務の中で自動車整備士の資格を取得しました。もともと自動車が好きでしたので、その後自動車ディーラーの整備職を経て法人担当の営業職に就きました。そして、自身の幅を広げるために新規営業に挑戦したいという想いから当社に入社しました。入社後数年経ったころ、あるお客様先へ順調に複数名派遣させていただいておりましたが、ある日を境に全くご依頼がなくなってしまったのです。

何があったのですか?

佐藤
お客様から「問題意識を持って提案してくれていますか」と厳しい声をいただきました。
私は、お客様の抱える本質的な課題とは向き合えていなかったことに気が付き、反省しました。
言われたことだけではなく、もっとお客様のことを深く知り潜在的な課題を発見し、問題を解決するための最適な提案が必要だったのです。

お客様のことを知ることも大切ですが、自分自身の意見をしっかり「伝える」ということも重要ですよね?

佐藤
そうですね。実は私が担当するエリアでは、定期的に管理職向けの勉強会を開催しています。営業は日々目の前の業務に追われがちです。私は、共に働く社員がまずは一人のビジネスパーソンとして、世の中で通用する人材になってほしいと思っています。そのためには自分自身の意思を具現化し、伝える術が必要です。
勉強会では、物事の考え方、意思決定、分析、問題解決、戦略立案などのビジネスフレームワークを伝えています。

satos_BeSTATION_04-2.png

お客様とともに、挑み続けていく。

これからビーネックステクノロジーズは、どのような会社を目指しますか?

佐藤
困ったときに、いの一番に当社の名前が上がり、技術系人材の課題解決をすべて「お願いしたい」「任せたい」と思っていただける会社を本気で目指しています。
次に挑むのは、私たちだけではありません。お客様も「日本のものづくり・コト」をより豊かにするために、日々模索しながら挑戦し続けています。
私たち営業担当は「次に挑むお客様のベストパートナー」でなければなりません。あらゆる人事の課題と真摯に向き合っていくことで、お客様の信頼を勝ち得ていきたいと思っています。

株式会社ビーネックステクノロジーズ https://www.benext.co.jp/bnt/
株式会社ビーネックステクノロジーズ 採用ページ https://www.benext.co.jp/bnt/recruit/

RELATION ARTICLE

Be STATION