学生の頃は想像もできなかった
大事なところに、今、います。

  • BeSTATION
BeSTATION
4-1-min.jpg

秋本 祐
YU AKIMOTO

総合素材メーカー 勤務
株式会社ビーネックスパートナーズ
2018年入社

世界中の工場のものづくりを支えています。

総合素材メーカーに配属されて2年目となり、自動車産業や航空機産業向け製品の製造工程を担っています。製品は国内だけでなく、世界中の工場で現場のものづくりを支えています。

求められる品質をクリアしているかを慎重に確認しながら、常に先を見て、いかに効率よく生産できるかを考えて業務に取り組んでいます。トラブルが起こってしまっては生産効率が大幅に落ちてしまうため、前もって不具合の予兆を発見することがとても重要。

最近では自分が担当する機械の故障を防ぐことを意識できるようになり、現場の先輩からは「安心して任せられる」「とても助かっている」と言っていただけるようになりました。広い視野で改善点を見出していく尊敬できる上司や先輩のもとで、自分自身が成長できていることを嬉しく感じています。

踏み出してみたら、
世の中の見方が変わった。

学生時代は理工系ではなく、人文系の学部で日本文化の研究をしていました。就職活動では自分がどんな仕事がやりたいのかはどうしてもはっきり見えませんでしたが、昔から黙々と作業をすることが得意だという自覚があり、説明会や就活サイトでビーネックスパートナーズ(当時 TTM)が目に留まりました。

1つの製品、1つの製造工程にじっくりと向き合いながらものづくりに関わる働き方が自分に合っていると思ったこと、そして福利厚生のしっかりとしたサポートがあったことも理由です。やりたいことが見えていなかったからこそ、安心して仕事に取り組める生活の安定と、多様な仕事や勤務先の可能性があるビーネックスパートナーズがよいのではと思ったのです。

踏み出してみると、想像もしていなかった世界が広がっていました。見えないところで社会を支えているメーカーや、そこで働く人の姿。また、手を動かすだけでなく、効率を高めるための段取りなど、計画性が求められる部分も自分は得意だということを発見できました。いろんな製品に自分の仕事が関係していると思うと、世の中が面白く見えてきています。

4-2-min.jpg

仕事も家族も大事にする、
よりよい人生のために。

自分が担当している作業だけではなく、その前段階や次の作業までを理解することがこれからの目標。もっと知識を増やし、視野を広げていきたい。それによって、自分の仕事のよりよいやり方を考えることができ、より前後のプロセスを担う方たちにも喜んでもらえると思うからです。

さらに将来は、全く違う領域のものづくりも経験してみたいです。新しいことを覚えるのは大変ですが、想像もしていない仕事との出会いは刺激になり、自分の世界を大きく広げてくれます。それを実感しているので、今後も未知との出会いを楽しんで挑戦する姿勢を大事にしていきます。

仕事の充実とともに、一人の人間として、愛する家族をきちんと大切にする人生でありたいとも考えるようになりました。仕事も家庭も両立させて、豊かな人生を送ることが大きな目標です。

4-3-min.jpg

やってみなければわからない。
きっとまだ想像以上の人生が広がっている

秋本 祐

RELATION ARTICLE

Be STATION